Amazonで初心者用のギターを買ってみた(2本目)

Terry

40代半ばでマラソンとギターをゼロから始めてまだ数年のバイオIT系サラリーマン(マラソンもギターもまだ素人に毛が生えたレベル)。木工、パン、料理などなどモノ創りが好き。主な拠点は東京・千葉周辺と米国サンフランシスコ。猫飼い。 姉妹サイト「中年よ世界を走れ!」でも活動中!

あわせて読みたい

31件のフィードバック

  1. taka より:

    はじめまして。
    現在ギターを始めようと考えているのですがギター選びに迷っています。
    10代でエレキ(ストラト)30代前半でエレキ(サイクロン)30代後半でクラギに挫折しました。

    挫折した原因を考えてみました
    1弦が指に食い込む痛さ
    2エレキが重たく気軽に手に取れなかった(ギターと常に寄り添えない感覚)
    3手の小ささ(左手を無理なくパーに開いて親指先〜小指先間が18cm)

    現在は一軒家暮らしなので多少の音は出せますが半年後には賃貸に引っ越す可能性もあるため、
    ヤマハのサイレントギターやエレキを第一候補に考えていたところ、
    TERRYさんのサイトに出会い俄然ミニギターが選択肢に入ってきました。

    現在の選択肢としては
    1ヤマハ JR2
    2ヤマハ CS40J
    3ヤマハ サイレントギター
    4エレキギター

    今のところ気軽に手に出来るJR2とCS40Jが第一候補なのですが、
    サイズはコンパクトながら鉄弦が指に痛そうなJR2と、
    やや大きいサイズながらナイロン弦が指に優しそうなCS40Jで迷っている所です。
    音楽はグランジやシューゲイザーが好きですし年齢と共に柔らかい音楽も好きになってきました。
    アコギでは将来こんな感じの音楽やクラシックの曲(月の光)も奏でてみたいと思っています。
    https://www.youtube.com/watch?v=VpEoK7uzO40

    何度も失敗した経験上、今回はまずギターに親しんで触る時間を増やせる機種を選びたいです。
    そういった観点からTERRYさんのアドバイスをいただけるとうれしいです。
    ではお仕事にギターライフにがんばってください。

  2. Terry より:

    takaさん、初めまして。僕もギター始めて数カ月で一度挫折しかけて3~4カ月ギターに触らなかった事があります。エレキでしたが、出張でギターに触れない日が1週間続いたらそれっきり。

    で、数カ月経ってアコギが気になりだして、安いノーブランドだけど音が気に入ったOOOサイズのアコギを入手してギター生活復活。ただ、アコギの鉄弦が痛くて、エレキだと弾けるFがアコギでは鳴らない(笑)。ので、またエレキに主体に戻ったのですが、この時点で1年ちょっと経過してて、このままだとあまり進歩無いなぁと思って、思い切ってギターレッスンに通うことにしました。

    レッスンは最初は基礎の基礎なのですが、そのうち、簡単な曲をフィンガースタイルで弾くことを教えてもらい、僕にとってはそれがギターが完全に習慣化する起爆剤だったような気がします。フィンガースタイルの面白さと、どんな曲でも最初は無理って思えるくらい難しくても、地道にゆっくり練習していけば数日でみるみる上達するようになる達成感で、もっともっとギターが弾きたくなるようになっていった気がします。そして、それを後押ししたのはいつでもサッと手に取って弾けるアコギでした。それでも時折ふとギター熱が冷める時があったりしますが、週1回のレッスンのお陰で半ば強制的にギターの世界に引き戻される事も(笑)。

    と言う訳で、今まで何度か挫折してこられたと言う事ですし、ギターを直ぐに弾けるように普段座る椅子やソファーの隣などすぐに手が届く所に置いておく事、そして、「月の光」など、弾きたいなと思っている曲の途中まででいいので、少しずつ、そしてゆっくり弾く事で毎日の達成感を味わうようにする事で、上達もするし、習慣化もできると思います。

    で、おすすめのギターですが、最終的にはやっぱりアコギとエレキとクラギを最低1本ずつそろえるのが理想だと思いますが、まず習慣化という意味では、僕は断然CS40Jをお勧めします。理由は、

    ・ナイロン弦なので痛くなりにくい
    ・めっちゃ軽い!ぞんざいに扱っても壊れない
    ・小さいのでどこにでも置ける
    ・クラギだけど、アコギの構え方で弾けるので、アコギ代わりとして使える
    ・もちろんクラギの構え方でも大丈夫
    ・小さいけどフルサイズのアコギと違和感をあまり感じない
    ・値段の割に音が良い。しかも甘くて心地よい。

    僕は今はナイロン弦を張ったアコギを主に使っていて、エレキやスチール弦のアコギはたまに使う程度です。CS40は寝室専用ギターになりました(^^。ナイロン弦を張ったアコギで再開でも良いかも知れませんが、ナイロン弦だと太すぎて1弦が弾いてて落ちちゃうギターもありますし、あとはやっぱりフルサイズのアコギはでかいので邪魔なんですよね。OOOサイズならまだマシですが、でもやっぱりCS40Jのコンパクトさには敵わないと思います。ので、習慣化するまではCS40推しです!

    あとは、レッスンは本当にお勧めです。僕も始める前は、「40歳超えてギターレッスンとか恥ずかしくて無理!」とか思ってたのですが、YouTubeとか本とかで独学では絶対に気付かない事とかを教えてくれたり、あとはギターを練習する適度なプレッシャーを与えてくれるのでプツッとギター練習が途切れる事がなくなるので、挫折の危険を減らす事ができます。ので、グループでも個人レッスンでも、レッスンは通ってみるべきだと思います。

    月の光、いいですね!最近、ひょんなことからビンテージもののクラギを格安で入手したので、ちょうどクラギの練習曲を探してたんです。クラギって弦高が高くて弾きにくいし、あのクラギの構え方をしないとちゃんと音が鳴らないので数日じゃ全然慣れませんが、音はすごく好きなので、頑張って練習しようと思ってるんです。月の光の難易度はよく知らないのですが、ちょっとTAB譜を探してみようと思います。ありがとうございました。

  3. Terry より:

    JR2についてのコメントを忘れました。JR2は、ギターを弾くのが本当に始めて!って方や、小さなお子様には良いと思います。が、Takaさんのようにギターをかじった事がある人は、すぐに小さ過ぎ?って感じるようになると思います。手や指の大きさはあまり問題にはならない気がします(むしろ、人差し指、中指、薬指、小指の柔らかさ、ストレッチが重要かと)。あと、音もJR2は「まあ価格相応だよね」って感じですが、CS40は「え!?この値段でこんな音出るの?!」って印象です。もちろん、フルサイズのクラギとは比較になりませんが、音に関してはCS40の方がお得感があります(笑)。ご参考まで。
    あと、エレキはスクワイアのストラトの入門モデルがめっちゃ軽かったです。ただし、弦高とかオクターブ調整とか全くされてないので自分で調整するかショップにお願いする必要はあります。音もショボいです。が、あくまで夜のコソ連用と割り切るならアリかと。サイレントギターはごめんなさい、使った事がないので分かりません・・・。

  4. taka より:

    テリー様
    丁寧なご回答ありがとうございます。
    うれしいです。
    そして連絡が遅くなってしまい本当に申し訳ありません。
    返信する時は一緒にギターの購入報告もしたかったのですが現在も思案中なのです…。

    その後、改めてテリーさんのアドバイスや動画を観てヤマハCS40JかJR2の購入を考えていたのですが、
    家人に療養中の者や夜の早い老人がいるため音の大きいアコギでの練習は難しいのでは?と思い始めました。
    半年後に賃貸に引っ越す可能性があり、引越先は狭い部屋なのでアコギでは夜間の練習が不可能になることも想定されます。
    弦にスポンジやタオルを挟んでギターの響きを消したりサイレントピックで消音する方法もあり、
    動画レビューもたくさん上がっていますが、はたしてそれで練習になるのか?音漏れは大丈夫なのだろうか?という心配もあります。
    どうしたものかと困惑していた時、テリーさんのトラベラーギターの動画を観て興味を持ちました。

    そこで質問させてください。
    トラベラーギターは自分のような初心者の一本目のギターとして適当でしょうか?
    音もボディーも小さく軽く、常にギターと寄り添い生活できそうですが形状が特殊なので躊躇します。

    現在の選択肢としては
    1「トラベラーギター」や、より安価な「Anygig AGE」のようなトラベルギター系
    2生音が小さくボディも軽い「ヤマハサイレントギター」
    3スポンジやタオル等で消音の工夫をした「ヤマハCS40J・JR2」等のミニギター
    になります。
    この選択肢についてもテリーさんなりで結構ですのでアドバイスをいただけたらうれしいです。

    練習時間は休日昼間や夜間、平日は帰宅後の夜間になります。
    多くのブログや動画を観た限り夜間の練習にはエレキやサイレントギターを推す意見が多いように感じました。
    住環境にもよりますが夜間のアコギ使用は消音の工夫をした上でアルペジオや単音弾きなどにとどめるべきと言う人もいました。
    スタジオや公園・カラオケボックスでの練習を薦める人も多いですが、自分の場合それでは挫折するのが目に見えています。
    今は早く一本目のギターを選択して練習したい気持ちでいっぱいです。

    ブログを見させてもらったのですがマラソンもされているんですね。
    自分も2年前からランニングとウエイトトレーニングを始めました。
    40代はやることが似てきますね。
    最近ちょっとだけひざが痛いです。
    テリーさんもご自愛ください。

  5. Terry より:

    takaさん、こんにちは。
    まずトラベラーギターですが、僕はトラベラーギターはあくまで旅行中の妥協策であって、メインにはなり得ないと思います。慣れればそれなりに弾けますが、ホールド感などはやはり本物には敵いません。ので、家で使うのであれば、普通に小さめのエレキを買った方が良いと思います。

    次にミニギターですが、僕はここ最近はアルペジオやフィンガースタイルがメインで、音量を小さくコントロールするのが容易なのでアコギやクラギでも大丈夫なのですが、takaさんの環境と用途を考えるとやはりミニギターとは言えアコギ・クラギは難しいような気がします。

    確かにミュートはある程度効果はありますが、スポンジをいちいち脱着するのも面倒ですし、やはり音がスカスカになってしまって弾いてて嬉しくないんですよね(^^;;。そうすると、結局またギターを手に取る機会が減ってしまって続かない、と言う事になってしまうと思います。

    ので、もし経済的に問題ないのであれば、僕ならサイレントギターをチョイスです。僕はここ最近ナイロン弦にハマってるのでSLG200N一択ですが(笑)、takaさん的にはSLG200SとSLG200Nどちらにするか悩みどころですね。実際にお店で弾き比べる事ができれば、アンプを通さない状態でどちらが静かか、どちらの弦が指にしっくりくるか、アンプを通したときの音はどちらが好みか?をいろいろ比較できると思います。特に指の痛みが気になるならナイロンの方がメリットはあります。

    音という意味では、やはりサイレントギターはあくまで電子楽器であり、本当の意味でアコースティックな音は期待できません。音だけをとれば、CS40の方が満足感は得られると思います。でも音量のせいで練習できないのであれば意味はないですし、であれば優先すべきはやはり「どのギターが家にあればギターを手に取って弾きたくなるか、どのギターが一番疎外要素が少ないか(周囲への騒音、指の痛み、大きさ、etc.)」だと思います。

    結論が出たらぜひ教えてくださいね!

  6. taka より:

    ありがとうございます。選択肢が絞られてきて今日の天気のようにスッキリした気分です!購入したら報告します。

  7. taka より:

    テリー様

    ご無沙汰しております。
    前回の相談からひと月経ちました。
    最後の最後にもう一度相談に乗っていただきたくメールしました。

    1. Epiphone SG Special VE Vintage Worn Walnut
    https://www.digimart.net/cat01/shop2340/DS04135252/
    2. YAMAHA SLG100N ナイロン弦
    3. YAMAHA SLG100S 鉄弦
    順不同

    やっとこさっとこ、この三つに絞られたのですが相談があります。
    1このモデルのSGはエレキとしてはかなり軽量の2.55kgですがSLGの1.9kgに比べて600g強重いです。
    ギターでの600gははっきり体感できるほどの重量差だと思いますか?
    腕力に個人差がありますが片手でひょいっと持てる重量が理想です。
    SLGは東京に住んでいた頃ギターショップで触ったことがあるので十分軽かったことを覚えていますが、今は近くにコーラの自販機もないような田舎暮らしなのでSGの試奏ができないのです。
    (複数の店舗にSGの重量を質問したところ、下は2.37kgで上は2.62kgまで個体差がありました)

    2SGは軽量ゆえヘッド落ちという現象が発生するため注意したほうがよいと聞きました。
    下記URLのようにヘッド落ちはレザーのしっかりしたストラップで対策できると言う人もいますがテリーさんはヘッド落ちについてどう思われますか?深刻にとらえたほうがよいでしょうか?
    https://www.youtube.com/watch?v=yX4iAHBsjp0&t=1m

    3YAMAHA SLG100NとSLG100Sの比較なのですが、鉄弦モデルSのナット幅が43mmに対してナイロン弦モデルNは49.8mmと広めです。これは慣れで対応できる差なのでしょうか?(自分は手が小さいためやや不安があります)

    4いきなりアコギの鉄弦から入ると指が痛くて挫折する人が多いそうですが、初めは指に優しいコンパウンド弦という物を使うと楽だと聞きました。SLG100Sを購入するときはコンパウンド弦を張りたいと思っています。もしコンパウンド弦についてご存知でしたらテリーさんのご意見を聞かせてください。

    5自分はギターを弾く楽しさを1秒たりとも実感したことがありません。今回のギターはこんな音楽がやってみたいというよりも、まずはギターに触れる時間を増やしてギターの楽しさや弾いている実感を味わうところまで行ってみたいという考えで選んでいます。
    音楽性はその後で考えようと思ってます。
    そういった意味でテリーさんは三つのギターのうちどれが適当だと思いますか?

    下調べした結果一番挫折率の低いのがエレキだという意見が多く、値段もお手頃なので一時はGS一択かなぁと思っていました。一番指に優しいのはナイロン弦だそうですしコンパウンド弦の存在を知るにつけ軽いSLGも選択肢に入ってきました。
    これはお伝えするのを忘れていた事なのですが、指の痛みからエレキを挫折しましたが今想い出すとチューニングが適当で弦がはち切れそうなほどギンギンに張っていました。それも一因だったのでは?と今になって思います。

    テリーさんは最近ギターを弾いてますか?
    こちらはほどなく連休です。連休中は家に籠ってギター漬けの生活を夢想してます。

  8. Terry より:

    Takaさん、

    ご質問の件ですが、

    1:手持ちのギターをいろいろ片手で持ってみたのですが、2kg程度まではひょいって感じで、3.5kgになるとズシッと感じますね。2.5kgだと軽くはないけど重くもないって感じじゃないでしょうか?

    2:
    SGは知人宅で試奏した事しかないのですが、多少はヘッド落ちはありますが、座って弾く分には余り弾きにくさは感じませんでした。究極の手段として、ツノにストラップピンを取り付けている人も沢山います(笑)。

    3:
    まず確認ですが、SLGの最新機種はSLG200シリーズですが、あえてSLG100シリーズねらいなのでしょうか?バッテリーが006Pから単三2本に変わっただけでもかなり嬉しいとのコメントをよく聞きます。しかも長持ちするようです。気になったので念のため。

    さて、実は僕も先日偶然安売りを見つけたのでSLG200Nを買ってしまいました。確かにこれは夜中のアコギ練習に最適ですね!
    ネック幅は僕も最初はSLG200Nも43mmだと思っていたので、初めて手に持った時に、50mm、しかも完全フラット指板である事に驚きました。最初の1日だけ「ん〜、太い、、、しかもなんか弾きにくい?ビビりもあるし音も微妙・・・」って思ったのですが、太さに関しては2日目から全く気になりませんでした。弾きにくさと音に関しては、工場から出荷されたばかりの個体で、弦がまだゆるゆるだったので、本調子になるまで数日要した、と言うオチでした。今はビビりもないし、音も良いです。
    SLG200NとSどちらが良いかは人それぞれかなぁと思います。ただ、SLG200Sの方が一般的だろうな、とは思います。僕はナイロン好きなので200Nにしました。
    compound弦は使った事が無いのですが、フィーリングはナイロンに近いみたいですので、指への負担は少なそうですね。ただ、先日知人が数年ぶりに僕のナイロン弦のギターを弾いたら、数曲弾いた段階で「指が痛い・・・」と言っていたので、鉄だろうがナイロンだろうが最初の数日はやっぱり痛いんだろうなと思います(^^;;。でも、指の痛さはそう長くは続きませんので、どちらでも大丈夫だと思います。もちろん、一日に数時間ギターを弾くなら話は別ですが。

    5:
    僕も最初の半年くらいは機械的な運指の練習とかをメインにやってたので、義務的な感じがあったと思います。練習時間も1日30分やるかやらないか程度でしたし。でも、1ヶ月前の自分と比べるとゆっくりながらも明らかな上達を感じる事ができたので、それなりの達成感みたいなものは感じてました。

    ギターが本当に楽しいと感じるようになったのは、フィンガースタイルで簡単な曲が弾けるようになってからだと思います。最初は1曲だけですが、2ヶ月に1曲くらいのペースで弾ける曲が徐々に増えていきました。楽譜もろくに読めないので、1日2小節くらいのスローペースです(笑)。でも塵も積もれば山となるもので、弾ける曲が増えると楽しさは何故かその二乗で感じるようになるので、ギターがどんどん楽しくなりました。

    それに連れ、ギターの知識も増えて行くので、自分にとって弾きやすいギターセッティングをいろいろ試行錯誤できるようになり、それもまた楽しい、と言う具合です。僕の場合、いつの間にかギターを作るのも趣味の一つになってしまいました(笑)。

    と言うわけで、ギターを始めて3年半ちょっとが経ちましたが、直近2年はギターを弾かない日は無かったと思います。旅行や出張にも持って行きますし。相変わらず下手ですが(^^;;、毎日何か発見があります。そして、ゆっくりながらも確実に上達は続いているようです。

    結論は無いですが、どれを入手しても間違いでは無いと言うか、どれを買っても正解だと思います!むしろ、 選択肢のどれでも良いので、1日でも早く入手すべきだと思います(^^

  9. taka より:

    テリー様

    こんにちは。
    先日ようやくギターを買いましたw
    最初に選んだのはSGです。
    少しだけ曲折があったのでヒマつぶしにでも聞いてください。

    SGが到着して開梱し、一息ついて何気なくネットで検索してみたところ、
    このSGと同型のレスポールが存在することを知りました。
    価格も同じで重量も大差ありません、驚きました。
    SGのどこか戦闘的なルックスに違和感があった自分には、
    いかにもギター然としたレスポールのほうが長く愛せそうな気がしてなりません。
    次の日にはSGを売却してレスポールを注文してしまいました。

    さいわい新品のSGは元値とそう変わらない値段で売れました。
    午前中に出品してその日の夜には宅急便で旅立ちました。
    初めてメルカリで物を売ったのですがオークション形式と違い話が早くていいですね。

    届いたレスポールには「モノとしての魅力」や「所有する喜び」は皆無でした。
    安価なギターなので当然ですが、どこかつるんとしていて規格品臭さが強いです。
    薄い塗装で木目を強調しているためかえって安っぽく感じるんだと思います。
    ろくにコードも押さえられず挫折してきた自分の身の丈に合っているともいえますし、
    練習を重ね、使い込むうちに味を出していく物なのかな?と思うようにしています。

    昨日から練習を始めました。
    教材はテリーさんのブログから買った「これからはじめる!!ロック・ギター入門」です。
    最初に出てきたEコードでいきなりつまずき、やっぱりダメかと絶望しましたが、
    時間を置いてもう一度弾いてみると今度は上手く鳴りました。
    1・2弦に干渉していた人差し指ですが爪で押さえるようにすると上手くいきました。
    とはいえ、これを曲に合わせて切り替えられるとは今の自分には想像もできませんが…。

    今のところ心配していた指の痛みもなく、重量も問題にするほどではなかったと思えます。
    昔と違いyoutubeの豊富な動画というこころ強い味方もいます。
    実際練習を始めるとギター選びで四苦八苦していた時間が馬鹿らしく感じます。
    優柔不断で腹の据わらない自分の性格そのものです。
    その優柔不断の虫は今もちょっとだけ騒いでいて、
    「ナイロン弦も捨てがたいな」とか「やっぱりサイレントギターなのでは?」と鳴いてます。
    テリーさんはSLG200Nを購入されたそうですね。
    SLG200Nにはモノとしての魅力を感じますか?
    短期間のうちに二度もギターを買い替えるのは時間と労力の無駄に思えるし、
    自分は買うとしてもは中古のSLG100Nになりそうですが。

    あれこれ書き連ねましたが練習は楽しいですね。
    絶望もしましたがEコードがきれいに鳴ったときの喜びは鮮やかでした。
    数々の愚にもつかない質問に丁寧かつ的確に応えてくださりありがとうございました。
    これからは教則本に則って練習に励むのみなのでテリーさんを煩わせることはありませんが、
    数ヶ月、数年先に岐路に立った時はまたアドバイスお願いします。
    新たな動画の更新も楽しみにしています。

  10. Terry より:

    おめでとうございます!
    SGからレスポールですか(笑)。それもまたアリだと思います。僕の経験上、どんなにショボいギターだろうと、1カ月も使っていれば愛着が湧いてきます。規格品臭さは、例えば弦を変えてみるとか、LPならハムバッカーの高さを変えてみるとか、それこそハムバッカーそのものを変えてみるとか(笑)、徐々にカスタマイズしていけばあっという間に自分のオリジナルに変わりますよ!(^^

    久々の練習を楽しんでいらっしゃるようで何よりです。最初は弾けなかったEコードがちょっと間を置いたら弾けるようになったり、ちょっとした事でも達成感が味わえるのがいいですよね。僕なんて始めて3年半ちょっと経ちますが、今でもそんな感じで毎日何かしら新しい発見があります。今日できない事でも明日、1週間後、1カ月後には不思議とできるようになってたりしますので、今日できなくても諦めずに、繰り返してればいつかはできるようになる!そう自己暗示をかけて、ぜひ気長に練習を続けてみてください。

    SLG200Nは初日は返品しようかと思ったくらいですがw、今はあって良かったなと思ってます。夜中にアコギやクラギを弾きたいときには便利ですね。でも、あくまで夜専用のサブであって、アコギやクラギの代用品としてメインで使う、とはなり得ないかなぁというのが率直な感想です。

    さて、僕にできることは、ギターを始めようか迷ってる人、挫折しそうになってる人の背中を押す事だけで、技術的なことや演奏テクを教えるスキルはありませんので、僕の役目はこれで終わりかなと思いますが、挫折しそうになったらいつでもまた声がけしてください!(^^

  11. taka より:

    テリー様

    うっかり手紙のつもりで文章の最後に本名を書いてしまいました…。
    可能でしたら名前の部分だけ消しておいてください。

    • Terry より:

      削除しておきました(^^。
      ところで、一つお伝えし忘れた事が。左手ですが、Eコードで1弦2弦が干渉するって事は、もしかしたら爪が長過ぎるのかも知れません。左手の指の爪は短く切っておいた方が圧倒的に弾きやすいです。
      こちらご参考まで。
      https://matome.naver.jp/m/odai/2142949408864454801?page=2

  12. taka より:

    ありがとうございます。
    確かに自分は深爪を恐れて長めに爪を切る習慣があるのでその通りだと気がつきました。

    「僕の経験上、どんなにショボいギターだろうと、1カ月も使っていれば愛着が湧いてきます。」
    単純な自分はこれを読んで、にわかにレスポールに愛着が湧き始めました。
    このギターでやっていこうと決めたのでサイレントギターのことはもうどうでもよくなっています。
    微妙なレスポールが届いてこのかたのモヤモヤはスッキリ晴れました。

    こちらも一つお伝えし忘れた事があるのですが…
    自分はASMRが好きで遠雷や雨音、ソフトスポークンやウィスパーボイスの動画をyoutubeで探しては和んでいます。
    以前から思っていたのですが、自分にとってテリーさんの一連の動画は図らずも上質なASMR作品になっています。
    抑制の利いたしゃべり方や声質などが耳に心地よく、自分のASMRライブラリーにも入っています。
    ギター片手のASMRtistは斬新なのでその線で動画を作るとASMR界隈で話題になるかもしれませんよw

    ではお互いに良きギターライフを。

  13. Terry より:

    モヤモヤ解消にお役に立てて良かったです。
    1日5分、いや、5秒でも良いのでギターに触れる事が長続きの秘訣です。ぜひ可愛がってあげてください(^^

    ASMRは初めて知りました。そう言われてみると、僕にとってのASMRは木をカンナで削るときの「シュッ」って音とか、アコギの弦を指でスライドした時のキュッて音とかかも知れません。自分の動画がASMRという認識は全くなかったので(笑)、今度そういう観点で見てみます。この先1~2カ月の間に数本の動画のアップを予定していますが、果たしてASMRになり得るかどうかは・・・?(^^;;

  14. taka より:

    テリー様

    少し気にかかることが発生したので相談させてください。
    練習を始めてしばらく経つのですが、どうもエレキの生音が思っていたより大きく、
    自分の住環境では練習時間の大半を占める平日帰宅後の夜間練習には適さないような気がしています。
    ちなみに今は教材の序盤で色々なコードを鳴らす練習をこなしています。
    コードをジャラジャラ鳴らす練習なのでよけいに大きく聴こえているような気もします。
    試しにピックを使わず指でポロんとはじいてみると深夜でも気にならない音量だったので、
    指弾きするならSLGの鉄弦やナイロン弦モデルが正解だったのでは?とも思えてきました。

    がんばって大きい音を出さずにコードをジャラジャラ鳴らす方法を身につけるか、
    (教材のページをめくるとこの先も「コードをジャラジャラ鳴らす練習」が続きそうです)
    アコギの教材を買ってエレキで指弾きの練習をするか(そもそもそれが可能か?)
    いっそコンディションのいいうちにエレキを処分してSLGに乗り換えるか、
    SLGやアコギの教材に乗換えても初心者には「コードをジャラジャラ鳴らす練習」はついてまわるものなのか?
    そんな考えが頭をぐるぐる回っています。テリーさんの意見を聞かせてください。
    SLGより生音の小さいシンソニードがありますがこれについてどんな印象ですか?
    (https://www.youtube.com/watch?v=PXaiotGqT6A&t=59s)

    肝心の練習のほうは順調です。
    ギターを練習して初めて楽しいと感じられる瞬間がありました。
    再挑戦してよかったと強く思っています。

    • Terry より:

      Takaさん、
      そうですね、ピックを使って普通にストラミングするとトラベラーギターやサイレントギターでもやはり生音は大きくなります。ので、ストラミングにこだわるならサイレントピックを使うか、もしくはダウンは中指、アップは親指で静かにじゃらんとするか、でしょうか。

      あとは、夜中はストラミングはやらず、左手はコードを押さえてアルペジオの練習に徹するか、でしょうか。ナイロン弦でもピックを使えばやはりそれなりの音は出ます。

      ARIAのサイレントギターですが、ヤマハのSLGに比べるとだいぶ弾きにくいみたいです。もうすっかりギターにも慣れてコードもスムーズに押さえられる状況であれば夜間練習用にサブギターとして持っていても良い気がしますが、まだフォームが安定せず、右手コードも左手ストロークもスムーズにできない段階で弾きにくいギターを選ぶメリットは何処にも無い気がします。

  15. taka より:

    ありがとうございます。
    ピックにこだわりはないので指引きを試してみようと思っています。
    アリアは弾きにくかったんですね。値段の安さにつられるところでした…。
    動画の更新も計画中とのこと、楽しみですね。
    ではまた。

  16. taka より:

    こんにちは。
    練習方法、ギター選びでテリーさんのご意見をお聞きかせください。

    SGから乗換えたレスポールですがこれも売却することにしました。
    愛着がわかなかったのが一番の理由です。
    そして今2つのギターで迷っております。
    ひとつはエレキ(ストラト)、もうひとつはSLGのナイロン弦モデルです。
    なぜナイロン弦なのかというと自分がどうしても弾いてみたいと思うのが下のようなクラシックの曲ばかりなのです。
    Clair de lune – Debussy (guitare)
    https://www.youtube.com/watch?v=0_RnlOWmZD4
    J. S. Bach: Goldberg Variations – Aria & Var. 1 – Jozsef Eotvos, guitar
    https://www.youtube.com/watch?v=nS9wHiYlfd0

    1基礎を固めるまでエレキで我慢する。エレキで上のクラシック曲を練習してみる。
    もしくは弾いてみたいと思えるエレキ向けのポピュラーな曲を探す。
    2SLG-Nで地道に基礎練習しつつ上のクラシック曲を練習。

    この2つをイメージしています。
    いまは自分の弾きたい曲のことを考えるよりも基礎練習を徹底する時期でしょうか?
    そもそも今の自分のレベルでは上の2曲が適当ではないかもしれませんが。
    弾いてみたい曲がたまたまクラシックなのですがクラシックギターを突き詰めるというより、
    ポピュラーな音楽も弾けるようになりたいのでSLG-NWではなくSLG-Nを考えていますがどう思いますか?
    ギター2つとも買ったら?と思うかもしれませんが持ち物を少なくしたい自分としてはギターをひとつに絞りたいです。
    あとはギター買い替えで生じる空白期間はできるだけ短くしたいと思っています。

    最近指の先が少し固くなってきて押弦が楽になりつつあります。
    あと自分は女爪だと判明しました。
    そしてテリーさんの新しい動画はやっぱり自分には上質asmr動画でしたw

    • Terry より:

      なかなか展開が速いですね(^^;;。こうなったらもう好みのギターに出会うまで取っ替え引っ替えと言うのもありかも知れませんね(笑)。実際僕も最初の1年くらいはそんな感じでした(^^;;

      さて、このサイトのオススメグッズのページに僕がこれまで 試してみたギターやグッズの紹介を載せてますのでそちらも参考にしていただきたいのですが、
      http://www.over40s-guitar.com/blog/guitar-store/

      ポピュラーもクラシックも弾きたいからSLG-Nと言うのは気持ちとしては理解できますが、僕のレビューにも書いてありますが、SLG-N、結構太いですよ? クラギよりは数ミリ細いですが、印象としてはだいぶクラギ寄りです。ので、クラギの曲がメインならSLG-Nでも良いかもですが、ポピュラーの方はだいぶ限られちゃうかもです。ここまで来たら一度試して見るのも良いかも知れませんね。

      ただ、、、紹介頂いたクラシックの曲は2曲ともテンポはスローですが、かなり難しいと思いますよ?

      クラシック重視なら、まだレビューは書いてないのですが、クラシックギタリストの垂石雅俊さんのコレ、なかなか良いです。
      https://amzn.to/2ICCAjC

      脱・初心者なので初心者用では無いのですが、スカボロフェアのシンプル版など、比較的取っつきやすいクラシックの練習曲が入ってて、教え方も上手なのでなかなか良いです。段階的に上達できるようになってます。いきなり例の2曲にトライするより、まずはこの辺りで小手調べでも良いかもです。

      ストラトも勿論悪くは無いですが、レスポールよりスケールが長いですので、より指のストレッチが要求されます。僕のレビューにもあるフジゲンのミディアムスケールのストラトと言う手もありますが。。。

      いずれによ、基礎練は大切だと思いますが、弾きたい曲を練習するのも同じくらい大事だと思います。基礎練だけだと飽きちゃうので。でも曲が難し過ぎると挫折しちゃうので、あまり難し過ぎない曲にした方が良いと思います(^^

  17. taka より:

    アドバイスありがとうございます。
    テリーさんのギター遍歴楽しく読ませてもらいました。
    じつは次に考えていたエレキの候補が「Squier by Fender Bullet Stratocaster」だったので可笑しかったです。
    課題曲のレベルはもう少し下げて探してみます。

    夜間練習の問題さえなければCS40J(48cm)やS.YairiのYCM-02(45cm)が候補になりますが、
    広そうなテリーさんのお宅でも厳しいようなので賃貸暮らしには尚難しいしょう。
    エレキならすんなり練習を再開できるので間違いない選択なのですが、
    3度もエレキ購入を続けるというのもつまらないので一度SLG-Nに行ってみようかと思いはじめました。
    中古でも割と良い値がつくようなので失敗してもダメージが少なそうです。
    50mmのナット幅と「ポピュラーが限られる」というのが気がかりではありますが。

    売ったり買ったり梱包したり落札者とのやり取りや無事着いているかしら?と気を揉んだり。
    けっこう疲れるギタージプシーから解放され練習に打ち込みたいものです。
    そしていつかひとりぼっちの冬の夜長にわびしく月の光をポロんと爪弾くのが夢です。
    購入したらまた報告します。

  18. Terry より:

    SLG-Sにコンパウンド弦、と言う選択肢もありかも知れませんね。アンプからの音は小さくなってしまうかも知れませんが。。。

  19. taka より:

    ありがとうございます。SLG-Sの線も検討してみます。今朝ロングスケールのストラトを買ったら1フレットまで手が届かない悪夢で目覚めましたw

  20. taka より:

    こんにちは。お元気ですか?
    ギター選びで煮詰まっているのでテリーさんのご意見を聞かせてください。
    現在の選択肢はこういう状態です。

    1CS40J
    2SLG-S・SLG-N
    3エレキ

    CS40Jが選択肢に入ってきました。
    以前から「初心者が一本目のギターにサイレントを選ぶのはよくない」という意見が気になっていました。
    自分は当面ギターを一本しか所有するつもりがなく今後数年間はサイレントのみを弾き続けることになるからです。

    当初CS40Jは深夜の音の問題で諦めましたが、
    最近タオルをサウンドホールから詰める動画を見てこれはいけるのでは?と思いはじめました。
    弦の間にスポンジを挟むやりかたはヒドい音ですが、これだと音の伸びも感じられるようです。
    ほかにもガットギターの弱音対策として、
    「ガットギターの場合は右手のチカラ加減でかなり小さい音量で弾ける」
    「音を小さく弾いても音の響きを体で感じながら弾ける」
    「爪を伸ばさず優しく触れる程度で弾けば音はだいぶ抑えられる」
    「ピックで弾かない限り自分で音量は調整出来る」
    という言い方をされているサイトもありました。

    ちなみに自分の場合エレキのピックによるコードストローク音で階下に就寝中の家人に気を使う環境です。
    テリーさんから教えてもらった親指のストロークなら大丈夫な雰囲気でした。
    それからテリーさんはナット幅の広さからSLG-Nの選択を心配されていましたが、
    それより2mm短いだけのCS40Jのナット幅についてはどう思われますか?

    質問をまとめると…
    1CS40Jのタオルと右手の加減による弱音対策に対するテリーさんのご意見
    2初心者が一本目にサイレントを選び、今後数年間それのみを弾き続けることに対する問題について
    3CS40Jのナット幅48cmについて
    になります。
    よろしくお願いいたします。

    ギターを弾かない日が数週間続いていますが手元が寂しいものですね。
    結論を出して今週中には新しいギターを手に入れる予定です。

    • Terry より:

      アコギの消音については僕もいろいろ試しましたが、サウンドホールに蓋(タオルじゃなくて蓋)をするタイプは1/2〜2/3程度の消音効果しかないです。ので、じゃらんとストラミングするとかなり響きます。が、蓋+フィンガースタイルなら力を抜けばかなり消音できます。慣れてくれば蓋なしでもかなり消音できますよ。

      タオルはですね、、、やってみればわかりますが、かなり面倒くさいです(笑)。入れるの結構大変です。確かにかなり消音になりますが、音はかなりショボいので、弾いてて余り楽しくないです。

      じゃあ休日の昼間はタオルを取って弾けばいいじゃないと思うかも知れませんが、取るのも一苦労なんですよ。ので、基本は入れっぱなしになります。僕ならあまり弾くモチベーションが湧かなくなると思います。

      と言うわけで、僕なら蓋+フィンガースタイルですが、フィンガースタイルはできるようになるまで時間がかかるので、その最初の壁を乗り越えるまでモチベーションを維持できるかが心配です。

      サイレントのみに関しては、SLG-Sなら問題ないんじゃないでしょうか?サイレントなのでナイロン弦に換える事は出来ませんが、そこを割り切れるならSLG-Sを使い続けるのはありだと思います。ただ、アコギ・クラギの真骨頂である深い音の響きを体で感じる快感はサイレントでは得られないので、ある程度弾けるようになって来たら間違いなくアコギ・クラギが気になってしょうがなくなると思います(笑)。SLG-NはSに比べると弾きにくいですし、用途が限られるのでナイロン弦への強い拘りがある場合以外は初心者の1本目としてはお勧めしません。2本目があるなら問題ないですが。

      CS40Jについては、少なくとも僕が握った最初の印象ではそこまで太い!とは感じませんでした。やや太いかな?くらいです。スケールが短いので48mmでも余り違和感が無いのだと思います。SLG-Nの50mmは明らかに太いです。あれはクラギのように縦に構えないと今の僕では上手く弾けません。

      と言った具合です。
      エレキは、、、これまでの経緯を踏まえて考えると、理想を追い求めてジプシーから抜け出せなくなる可能性があるかなあ、と。それはそれで楽しみ方の一つかなとも思いますが(^^;;

  21. taka より:

    テリー様

    お久しぶりです。
    今朝新しいギターが届きました。
    SquierのストラトBullet Strat w/Tremoloブラウンサンバーストです。

    一本目はやっぱり本物のギターが欲しかったのでSLGは見送り、
    最後までCS40Jと迷いましたが夜間練習のこともあり結局エレキになりました。
    定価23000円のギターですがイケベ楽器のチョイ傷アウトレットで15000円というお買い得価格です。
    在庫の中からなるべく軽い個体を選んでもらったところ3.07kgの物が届きました。
    過去のトラウマから重量にこだわっていましたが、あんまり軽すぎる物よりしっくり感じてます。
    ギターはただ軽ければいいという物でもなさそうですね。
    新しいギターですが質感、色、デザインとも大変気に入っているのでうれしいです。
    届いた箱を開けるあいだ祈るような気持ちでした。
    長かったギタージプシーも終わり、心底ホッとしてますw

    3度目のギターもエレキに決めた理由は騒音の問題以外にもあって、
    最近気に入っているギター動画がどれもエレキだったというのも大きかったです。
    https://www.youtube.com/watch?v=1goJLp9apZ0
    https://www.youtube.com/watch?v=IN1iSYgKgf0
    https://www.youtube.com/watch?v=HayTt8clnKY&feature=youtu.be

    今でもCS40Jに惹かれますがテリーさんのアドバイス通り指弾きをある程度こなせるようになってから考えようと思います。
    やっぱり手元にギターがあるのはいいですね。
    固くなりはじめていた指先が柔らかく戻ってしまったので練習にはげみます。

    最後にギターと関係ない話ですが…
    この前、youtubeの「あなたへのおすすめ」に出てきた動画をぼんやり眺めていました。
    15秒のところでカメラを構えている男性、なんかテリーさんに似てませんか?
    たしかアメリカ在住とおっしゃっていたのでまさか?と思いますが気になったのでw
    https://www.youtube.com/watch?v=eWR0fjDU8CE

    動画の更新も楽しみにしています。
    まだ見せたことのないエレキをかき鳴らしている姿や、自作のギターの話など。
    改めてたくさんのアドバイスをありがとうございました。

  22. taka より:

    テリー様

    お久しぶりです。
    スクワイアのストラトで練習を開始して2週間、なんとか基本のコードが押さえられるようになりました。
    やっぱり自分が気に入ったギターだと練習に身が入りますね。
    その後しばらくは好きな曲のコード弾きをやっていたのですがそれにも飽きてきました。
    そんな折、テリーさんのフィンガースタイル動画を発見したので参考にしながら練習を始めました。
    将来的にはフィンガースタイルやギターで自在にイメージした音を奏でてみたい自分には、
    コード弾きが物足りなく感じられたのでいいタイミングになりました。
    その他にもクロマチック運指等の基礎練習や、もっとしっかり学べる教則本選びも始めています。
    どうやらもう大丈夫です。

    自分はギターが弾ける人間だったのだ、ということがわかって嬉しいです。
    チューニングも満足にできずギンギンに弦を張りつめ途方に暮れて挫折した15歳の自分を慰撫してやりたい気持ちです。
    あの時ギターともっと良い出会い方をしていれば自分はギターが弾けていたような気がします。
    その後のギター人生はおろか人生そのものも変わっていたかもしれません。
    出会い方の大事さを感じるとともに、今回はテリーさんとの出会いでここまで連れてきてもらったので感謝の気持ちでいっぱいです。

    いつか成果があがった時にはまた報告にまいります。
    これからも迷える誰かのためにギターとの良い出会いを結べるような動画をアップし続けてください。
    暑い日が続きますがご自愛くださいませ。

  23. Terry より:

    すみません、お返事遅れましたm(_ _)m
    ついにお気に入りの1本を見つけられたようですね!Squireのそのストラトは僕の最初のギターと同じかも知れません。12フレットで音程が合わない弦が何本かあって、当時の僕はそれがオクターブ調整で直せるものだとは知らず買い換えてしまいましたが(笑)、それ以外はとても気に入っていました。

    僕は最近はフィンガースタイルがメインですが、たまに思い出したように自分のiPhoneに入ってる曲を片っ端からUフレットでコード探して延々とコード弾きしたり、お気に入りの曲のソロパートだけピッキング練習したり、色々と変化を付けながら気ままに練習しています。

    僕はギターを始めて先月で満4年になりました。が、コードもまだまだ押さえられないのが沢山あります。ギターの指板の音階も完全には覚えられてないです。音楽理論ももっと勉強したいです。Rock系のバンド曲も1曲くらいソロギターで弾き通してみたいです。一度に全てはできませんが、毎年毎年、ゆっくりながら成長を感じてきたので、これからもまったりとギターを続けて少しずつできることを増やして行こうと思ってます。

    僕の他にも同じような年代で初心者から頑張ってる人がいると思うととても励みになります。こちらこそありがとうございます(^^

  24. taka より:

    お久しぶりです。
    その後テリーさんの動画を見ながらなんとかイマジンを最後まで弾けるようになりました。
    完成度はかなり低いですが…コード弾きとはまた違うギターの楽しさを実感できますね。
    動画の最後でフィンガースタイルは深夜のコソ連にいいと言われてましたがその通りでした。
    そしてあの動画をみているうちにやっぱりアコギはいいなあと思うようになりました。

    そこで質問なのですが、
    CS40Jのようなナイロン弦ギターのフィンガースタイルでもやっぱりエレキに比べるとかなり大きな音が出るものですか?
    自分には「ギターは1本まで」と言う縛りがあるのでCS40Jを買った場合はエレキを処分しなければいけないので迷います。
    まだまだ未知のコードが沢山あり、大きな音の出るコード弾きの練習も必要でしょうし買い替えは時期尚早でしょうか?

    もうひとつ質問があります
    最初は挫折しないか気が揉めてさんざん相談させてもらいましたが、
    いざギターを始めてみると「将来的に指板上で自在にイメージした音を奏でてみたい」という欲が出てきてしまいました。
    こんな時はどういった傾向の教則本を参考に練習すればいいでしょうか?
    もっとコードを憶えたり基礎を磨いてから次に進むべきかな?と思うと同時に、
    「指板上で自在にイメージした音を奏でてみたい」を意識しながら練習できたらいいな、とも思います。
    ちなみに教則本では宇田大志さんの「3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法」がちょっと気になっています。
    ジャズギターの予備知識はゼロですがアマゾンレヴューが高評価だったので目に留まりました。

    こちらは9月になり不自然なほど涼しくなってやっと練習に集中できる環境になってきました。

  25. taka より:

    テリー様

    先日の質問ですが自己解決しました。お騒がせしました。
    イマジンが弾けるようになって課題がなくなり心に空白ができたせいで雑念が生じたようです。
    今までアンプなしで練習してきたためアンプの必要性を感じてきたのも理由のひとつです。
    テリーさんもオススメのFLY3とVOX AmPlugで検討していたのですが、
    FLY3はACアダプターとセットで買うとCS40Jが買えてしまうのでいっそエレキから乗換えようか?と考えてしまいました。
    アンプはひとまず安価で取り回しの良さそうなAmPlugを買ってみようと思います。

    教則本の「3年〜」は評価が高いですが自分のレベルではまだ早いと感じたのでもう少し易しい物にしました。
    それと同時に曲のコピーも続けていこうと思います。

    今後も空白ができる度にCS40Jの影がチラつきそうですが…、当面これで練習にはげみたいと思います。
    ではまた。

  26. Terry より:

    Takaさん、
    イマジン弾けるようになったんですね!おめでとうございます。質は弾いていくうちにどんどん上がっていきます。自分の成長のバロメーターにもなるのでぜひ継続して弾いてくださいね。

    宇田さんのJazzの教本「3年~」ですが、僕もJAZZに興味を持ち始めた1年ほど前に購入したのですが、1週間も続きませんでした(笑)。理由は2つで、1つのセクションがx週間とかxヶ月とか長すぎて何を練習したらいいのかさっぱりわからなかったのと、基本として紹介されていたコードなのに難しすぎて弾けないのがいくつもあり、自分にはまだ早いなと思ってとりあえず保留にしてあります。

    「将来的に指板上で自在にイメージした音を奏でてみたい」については僕も全く同感で、残念ながら僕もまだ模索中でアドバイスできる立場に無いです。ただ、今いる場所から相対的に見て回りのポジションが何度なのかが、特にM3、P5、m7、M7が周りのどこにあるかがパッとわかるようになるのは重要だと思い、毎日白紙の指板にメジャーペンタとマイナーペンタのForm1~5の音を書き込んで頭の中に相対的な位置を叩き込んでいます。これを続けて1ヶ月程度ですが、だいぶ頭の中にイメージができてきたように感じています。

    あとはトリプレットを指板の任意の位置で弾けるようになると便利そうなのでこれも毎日では無いですが思い出しては練習してます。

    あとは1~2ヶ月に一度フィンガースタイルで新しい曲を憶えることで指と頭を慣らしてる感じでしょうか。まだまだ先は長そうです。楽しいからいいですけど(^^

  27. taka より:

    テリー様

    CS40Jの購入を報告してから一週間たちましたが、先日売却しました。
    深夜の音量が気になりだして満足に弾けなくなったのが原因です。
    ミニヘッドホンアンプを買ったのでしっかり基礎を学ぶまでエレキで練習します。
    JOYOの安物なので音はそれなりですがクリーンの甘い響きが気持ちいいですね。
    目移りする対象がなくなり練習に打ち込めそうです。(若干SLG-Nが気になりますが…)
    またしても自己解決、事後報告お騒がせしてすみません。

    一週間練習するうちにCSでも意外と弾けるようになりました。
    月の光の出だしを爪弾くだけで豊かな響きに陶酔しました。
    楽器を扱っているという実感がエレキよりも遥かに強いですね。
    音の問題がなければCSのほうを残したかったです。

    「3年で〜」を購入されていたそうで、自分も危なく買うところでした。
    教えてもらった練習方法は今の自分には理解できませんがいずれ役立てたいと思います。
    テリーさんも日々楽しく練習されているようでなによりです。
    自分もそうあり続けたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です